FC2ブログ

余談ですが4

貧乏暇なしとはよく言ったもので、細かい仕事をコスコスこなしてなかなか更新ができてません。せっかく人も増えてきたのに・・・おそらく10日過ぎくらいまでハマってますorzところでこの年齢になって、日本語の間違いというやつに気づきまして「閑話休題」ってタイトルにも使っていたんですが、これ意味を全く逆だと思いこんで使っていました。つまり「本題を休んで、閑話をする」と思いこんでいたんですが正しくは「閑話を止め...

パワハラ女社長はお仕置きがお好き(後編)

#11 社長室緊張した面持ちの美里。机の上には前シーンの様子がプリントされた写真が乗っている。西島が悪だくみしたような表情で西島「社長、失望しましたよ・・・アナタがこんなことを・・・」美里「いったいどういうつもり・・・これで私を脅迫でもするつもり?」西島「私はね・・・社長は常に毅然と強いままでいて欲しかった・・・」美里、いつも通りの感じで西島の頬を叩き美里「コレを見せれば、私が弱々しくなるとでも思ったの?」   ...

パワハラ女社長はお仕置きがお好き(中編)

#5 社内廊下社長の郵便物をチェックしている西島。赤文字で書かれた差出人不明の手紙を見つける。躊躇いながらも封筒を開ける西島。手紙を見て、驚いた表情の西島。#6 社長室社長室には美里と西島の二人。手紙を見ている美里。表情はくもっている手紙の文面のアップ。手紙には「お前の趣味の事をバラされたくなかったら今夜9時に、会社の屋上に来い。殺してやる」と書かれている。西島「社長ッ・・・一応警察に」美里、西島の声...

パワハラ女社長はお仕置きがお好き(前編)

#1 オフィス 応接室社内。商談部屋。応接セットには社長・美里とスーツを着た取引先の男(ウチトラ)が向かい合い座っている。美里の傍には、やはりスーツ姿の西島が立っている。美里の前には液体の入った瓶が数本置かれている。美里、柔らかい笑顔で商品の説明をしている。美里「いま申しましたように、このエステッイクオイルは、インド伝承のオイルに当社特性の    油溶性ビタミンC誘導体を配合した本格的アンチエイジ...

義母の中身 アヤコ(後編)

#10  リビング夕食シーン。無言で向かいあいながら食事する二人。なにか言いたげな洋一洋一「母さん…」アヤコ「どうしたの?」洋一「イヤ…な、なんでもない」アヤコ「そう…」再び無言で食べる二人。#11  寝室寝室外。洋一がドアの前で、入ろうかためらっている。結局はいれない洋一。勇気をふるってという感じで声をかける。洋一「か、母さん…」寝室。アヤコがドレッサーの前に座っている。洋一の声が聞こえる洋一「…お、起...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。